Crisis Point: Extinction – 攻略 – 水面下の洞窟編(翻訳)

記事上の画像はクリックすると拡大します。

アダルトゲームの攻略記事です。性的なスクリーンショットがあります。18歳未満の方や苦手な方はご遠慮ください。
This is an adult game walkthrough article. Please refrain from using this site if you are under the age of 18 or if you find it offensive.

水面下の洞窟編

続きとしてはワープポイントのSubaquatic Cavernsから始まりますが、アイテム回収のためWestern Catacombsにワープします。

左から下へ進み、左側のエリアから水の中に入るか、右下の水の中に入って進みます(どちらも同じ場所に出ます)。水流に乗って左へ進み、少し広くなって足場が下から間隔を空けて突き出しているところまできたら、最後の足場から大きくジャンプして上の段に乗ります。壊れる足場があるので、うまくジャンプして左へ行くと、ヘルスアップグレードピース。

©Anon42

下からワープポイントのSubaquatic Cavernsに戻りましょう。すぐ左側の通り抜けられる足場から下に下ります。

さらに下に下りて右側に進んで、水の中に落ちてずっと右下に進んでいきます。新しい敵がいます。

©Anon42

ずっと道なりに右側に進んでいきます。突き当りに到達したら、上に進みます。回転する円形の敵は倒せませんので、あたらないように上へ上へと進みます。上まで行ったら今度は左へ。さらに左へ進む。通り抜けられる床を通って左へ。四つの回転する敵を抜けて左へ。最終的にキーカード? を入手。

©Anon42

先に端末のあるエリアを見ていると会話が変わります(あとで書きますが、誤ってそちらを先に見た状態でセーブしてしまいました。内容が少し違う可能性があります。すみません)。

アリシア「いいニュースよ。何か見つけた。あのドアのキーカードの一つだと思う」

バーチ「見つかったのか? すばらしい、努力が実を結んだということだ。あまり期待はしていなかったが、トルグイに君が発見した海底基地について聞いてみたのだ。当然、彼らは何も知らないという。しかも、自分たちもそこまで深く入ったことはないという」

ロドリゲス「写真はますます曖昧になっていく。アリシア、二枚目のキーカードに注目してくれ、それが答えを得るためのチケットになるかもしれないから(*このへんよくわかりませんが、会話を見逃したことが原因かもしれません)」

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

今度は左へずっと進み、水面を上がって、左のエリアに上のほうから入ります。下から水が吹き出している縦長のエリアを下りて左へ進み、そのまま道なりに進みます。

道中、噴出している水流に押されると棘の草に削られる場所がありますので、タイミングよく通過しましょう。

©Anon42

ずっと進むとキーカード? を入手。

©Anon42

アリシア「よし、二枚目のキーカードだ。使えるかどうか、ターミナルに戻って確認してみましょう」

あとはずっと右に進んで、ターミナルに入ります。

(*先にこちらに入り、やり直そうと会話をスキップしてしまった状態で誤ってテレポーターに乗ってしまい、セーブされてしまいました。そのためここの初回の会話の翻訳はありません。すみません!)

©Anon42

アリシア「よーし、今がチャンス。このキーカードを試してみよう。さてさて……うーん、何を期待していたのかわからないけど、とにかくドアは開いた」

ロドリゲス「オーケイ、調べてみて。ただし、安全には気をつけて。海底にハイテクのステーションがある理由もわからないし、何が起こるかわからないから。ここからの測定値を見守ってるけど、今のところ静かなようだ……」

アリシア「それでも万が一に備えて、医療面での用意だけはしておかないとね。よし、ありがとう」

右へ進みます。

アリシア「おかしい。あのターミナルを見たあと、何かおかしなものを見ているようだとは思っていたけど、これは予想外だったわ。廃墟のようだけど、何か高度なものがここに住んでいるみたい。きちんとした入り口、チェックインカウンター、いたるところにある研究機器……そのすべてが、私たちが持っているものと同じくらい、いやそれ以上にハイテクなものだわ」

バーチ「アリシア、そのエリアの確保に全力を尽くしてくれ、私は急いでそこを調査したいと思う! 答えの必要な質問が山ほどある! 誰が何のためにそのステーションを建てたんだ? トルグイが我々に信じさせていたよりも遥かに進化していて信頼性が半減しているのか(?)、それとも人類よりも遥かに進化した種族を今まさに発見しようとしているのか、私は後者に賭けることにする……!」

ルーカス「先生、興奮される気持ちはわかりますが、そんなに急がなくてもいいんじゃないでしょうか。放置されているようには見えても、本当にそうなのか確かめることはできませんし」

アリシア「ルーカスの言うとおり、安全のためにそっちに残って。私とロドリゲスが情報を伝えるから心配しないで」

バーチ「おお、君の言うとおりだ……申し訳ない。でも疑問がどんどん膨らんでいく! 人に頼って答えを見つけてもらうことに喜びを感じない私だが、今回だけは自制してアリシア、君に委ねることにしよう」

右端まで進み、下に通り抜けて下のエリアへ。左へ進み、突き当りを下に下りて、途中で右へ行くとガードオーブ。

©Anon42

©Anon42

そのまま下までに下りて、左へ向います。砂で埋まっているところまできたら上へ上がり、さらに左へ。

左側にてホバージェットを入手。ジャンプボタンを押すことでホバリングができるようになります。ダッシュ力もアップし、地上でダッシュしたあとにアクションボタンを押し続けると、無限にダッシュし続けることができます。とても快適です。この方法でダッシュすると急な坂道でも滑らずに上ることができます。ただし、空中でダッシュを開始した場合はこの機能は働きません。

©Anon42

©Anon42

ロドリゲス「ちょっと待って、アリシア、今どんなアップグレードをしたの?」

アリシア「これもモッドストラップのアップグレードチップ、ホバージェット」

ロドリゲス「あー……バーチ?」

バーチ「今確認している…… その名前のアップグレードはないな。モッドストラップのチップだと言ったか?」

アリシア「ええ、私のスロットには問題なく入ってる」

バーチ「我々が開発していないチップが我々の技術で機能しているのか? 二つの無関係な種族が同時に完全に互換性のある技術を開発する確率は……驚異的に低い……」

アリシア「そっち方面はあなたにお任せするとして。ここで行き詰まっちゃったわ。このステーションで探索できる場所はもうどこにもないと思う。いい知らせとしては、この場所は今のところ無害みたいってことね。バーチ、この場所を調査するためにここにくることができるはずよ」

ロドリゲス「もうそっちに向かって行っちゃったよ。君のほうはホバージェットのアップグレードを使って、もっと惑星を探索してみてはどうだろう?」

アリシア「うん、そうする予定。洞窟や山頂には、まだチェックしていないエリアがあると思う」

上まで戻りましょう。バーチとルーカスが到着しています。

バーチ「このステーションは私の想像をはるかに超えている。ターミナルを調べてみたが、そこにある技術は我々のものとは似ても似つかない。しかし、どこか懐かしい感じがする……」

ルーカス「まだきたばかりだというのに、先生はもう夢中になっている。見ていておもしろいですね。彼の熱意は伝染します。とにかく、あなたはずっとここにいる必要はありませんよ。もし何か用事があるなら、私が先生を見守り、先生が多忙なあいだには何も起きらないようにしますから」

現在攻略中。デモなのにボリュームがめちゃくちゃある!

コメント

タイトルとURLをコピーしました